人気ブログランキング |

さよなら二十四節記上牧

上牧にある二十四節記が3月いっぱいで取り壊されると聞いた。
オーナーの会社が数年前に倒産していたのでこの日がいつかは来ると思っていたが
もう見られなくなるのは惜しい。あのカエルのオブジェやクヌギや白樫などの木々が重機で荒々しく破棄されるのかと思うと悲しい。

心地よい木洩れ日の温もり、そよ風が木々を過ぎてゆく音や鳥の声、草花やどんぐりの実・・・自分の心がそれらのもので癒されたことを反芻しながら惜別の想いでこの絵を描いてみた。

f0217392_21193743.jpg
 アルシュ300gr 粗目 38 x 28cm

by beingoncloud9 | 2019-03-26 07:54 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

木洩れ日の表現は水面や空の表現と同じく水彩画で難しいけど克服しなければならない画題のひとつだと思う。今回も挑戦したけど木洩れ日が何となく「変」
f0217392_17203361.jpg
   ウォーターフォード300gr F4

by beingoncloud9 | 2019-03-21 17:21 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)