カテゴリ:透明水彩画( 162 )

初夏の姫百合

自宅の庭に毎年初夏に咲いてくれる百合を描いてみました。
太陽光を浴びて花ビラが輝いているのが何とも美しい。 花ビラからの反射光で逆光になり百合のバックは
暗くなり花だけが浮き上がって見えます。 花ビラのオレンジ色の補色に近い色と思いコバルトブルーの単色をバックにウェットオンウェットで。 暖色は浮き上がり、寒色は後退するということで花が浮き上がって表現することが出来ました。
f0217392_18281594.jpg

[PR]
by beingoncloud9 | 2010-06-27 18:29 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

初夏の玉串川

写真を見ながらの習作です。

桜並木とそれらが映る川面の緑が初夏の太陽の光で輝いて見えて息をのむ美しさです。
あまりにも緑が美しかったのでほとんど緑一色で描いてしまい単調な絵になってしまいました。

暖色を部分的に着彩してみてはとの先生のアドバイス。 寒色は後退色、暖色は前に浮き出る色でこれらをうまく使うことで遠近感を表現できるわけです。 で、石垣と小路にフレッシュチント、
マゼンタ、レモンイエローの半混色を薄く重ね塗り。
f0217392_2031730.jpg


風景画は写真画像のように忠実に風景を描いては面白みがない。 自分が一番描きたいモチーフを決めてそれを表現すること。 その為の自分流の創作は大いにやるべし。 (達人談) 
うーんなるほど・・・。

実は上のアップ画は原画をミラー反転したものです。 何気なしに反転してみて、右側に石垣や小路があるほうが、落ち着いて見えたので邪道とは思いましたが敢えて反転してみました。
[PR]
by beingoncloud9 | 2010-06-20 20:11 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

透き物習作

うーん、透明なガラスの表現は難物やなー。 これは試し用のスケッチブックに試しで描いたものだが本番は
失敗。 
f0217392_10421975.jpg

[PR]
by beingoncloud9 | 2010-06-05 10:43 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

平安神宮から

写真撮影を趣味にしている友人から彼の作品をメールしてもらった。 逆光で川面がもっと輝いていた。
川面にできた波や反射、桜の表現などまだまだ克服しなければならない課題はたくさんある。
f0217392_10372234.jpg

[PR]
by beingoncloud9 | 2010-06-05 10:38 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

模写習作1

絵画教室での模写習作。 模写元の佐藤一正先生の絵は逆光を見事に表現していて夕日がもっと輝いて明るい。 岸辺のごろ石の表現が難しくてタッチをうまく表現できない。
f0217392_10284152.jpg

[PR]
by beingoncloud9 | 2010-06-05 10:29 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

春盛り 姫林檎

会社の隅にある姫林檎。 今春もたくさん花がついた。もう樹齢は私の知る限り20年以上になる。 
前の土地の持ち主がそのままおいていった幼樹を植え替えたのだ。秋口にはたくさんかわいい実がなる。
姫林檎とはうまい名づけかただ。 あまりにもおいしそうだから食してみたが、姿とは裏腹にしぶくて食に適さない。 鳥たちはよく知っていて十分熟して柔らかになるまで待ってついばむ。
実際には上からの木漏れ日が幹や、葉、花に影と光を鮮明におとしている。 白い花の立体感を表現するのは私にはまだ難しい。 
f0217392_16504716.jpg

[PR]
by beingoncloud9 | 2010-04-18 16:48 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

初めての野外スケッチ

今日は佐藤先生の絵画教室は野外でのスケッチ。
スケッチの場所がよりによって自宅の近くの公園となった為に正直行くのがおっくうになった。002.gif 
知り合いに会ったら照れくさいし、近所のゴシップ大好きのオバタリアンにでも見られたら、その日のうちに町内の有名人リストアップ間違いなしだし・・・とつまらない事を考えながら現地へ。
結局スケッチに参加したのは受講生7人のうち自分を含めて3人。 いずれも日頃から熱心に絵を描いている人だけが集まった感じ。

現場は公園といっても民家の跡地を市民の憩いの場として造成したものだから狭いことと、造成されて時間があまり経っていないため人造物や樹木が新しくてモチーフにしたい物を探すのに手間取る。
f0217392_920876.jpg


先生に勧められた携帯のイスを購入するのを忘れていたので、家にあった風呂場のプラスチックの座イスで間に合わすことにした。 これは後で大きな間違いと思い知らされる。 春とはいえ地面からの冷えは背の低い風呂の座イスではすぐに伝わり、自分の脚の納め場所が無くて何度も脚を伸ばしたり折り曲げたり。 次の日はお陰で筋肉痛と腰痛でひどい目にあう。

さて、スケッチを始めてゆくと雑念が消え去りスケッチに集中している自分にふと気づく。
近くでうぐいすがさえずっている。 春の日差しが心地よい。 黄砂で遠景がかすんでいる。 何かわくわくする気分になった。 絵のモチーフと同じ空間に身を置き、それを身体で感じながら絵を描く・・・これが野外でのスケッチのおもしろさかも知れない。
f0217392_16172253.jpg
クレスター F4 透明水彩
結局2時間という時間では下書きのみで終わってしまった。 皆はというと着彩まで行っている。 スケッチでは細かい所までこだわっていてはとうてい描き切れない。 モチーフから受けた印象を大胆に紙に描写していく技を身につけなくてはいけないとは分かっているが・・・。 上手に描こうと意識し過ぎるのかも知れない。

家に帰って着彩をして完成。
たかが2時間の初めての野外スケッチ。 非常に疲れました。020.gif
[PR]
by beingoncloud9 | 2010-03-21 20:43 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

初夏の想い出

雲の表現が難しい!
f0217392_1937080.jpg

ウェットインウェットでウルトラマリンを主にセルリアンブルーなどを混ぜた色で空を塗ったあと、ティッシュを丸めて絵の具をふき取りながら雲を描きました。 ティッシュの丸め方や湿らせ方で異なった雲の表現が出来ることを知りました。 雲の陰影が必要なこと、それから空の青色が強すぎた。 暖系色を少し混ぜたほうが良かったかも。 柵はマスキングをしましたが、結局ガッシュの白と黒の混色を使って後から描きました。
柵の色は暗褐色ような色で塗り、太陽光の反射部分のハイライトをもっと強調すれば引き締まった感じになったかも知れないです。
[PR]
by beingoncloud9 | 2010-02-25 19:37 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

試しに載せました・・・

f0217392_22381683.jpg

ドックフードかなんかのチラシにダックスフンドの子犬の写真があったので模写してみました。
格子フィルムを写真にあてて、紙には適当に縦横で割り振りした線をあらかじめ描いておき、
マス目ごとにラインを写し取って行くわけです。 これだと拡大縮小が思いのままでほぼ正確に
模写出来ることがわかり、この方法を重宝するようになりました。

毛のタッチを表現するのが難しくて苦労しました。 結局、面相筆で一本一本描いたわけですが
もっと太い筆でさらと描けるようになりたいものです。

遠近を表現するのにチェック上の青のクロスをいれてみました。 絵を引き締めるために赤色のプラスチックのボールを描いてみましたが、強すぎてそれだけが浮き出た感じになってしまった。
[PR]
by beingoncloud9 | 2010-02-19 22:39 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(2)

柿と落ち葉

義母の親戚からいただいた柿に落ち葉を添えて描きました。
落ち葉はちなみに桜の葉で、近所の小学校で拾い集めたものです。
落ち葉というのは水分を含んでいて、時間が経つにつれて水分が蒸発し七輪の上の
するめのごとく丸まってくるので大変でした。 
バックは水彩画の達人の方のHPを見て技法を拝借しました。
f0217392_2234386.jpg

[PR]
by beingoncloud9 | 2009-11-23 21:57 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)