人気ブログランキング |

カテゴリ:透明水彩画( 188 )

今回の教室ではドライブラシとグレージングで描くことを学ぶ。
左上からの光を意識しながら着彩。
もっとデフォルメして略したほうがすっきりした絵柄になると思うが・・・
f0217392_19010342.jpg
アルシュ300gr 粗目 38x28cm


by beingoncloud9 | 2019-08-28 19:02 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

あべとしゆき教室 習作

ダブルマスキングとグレージングの練習のための習作

影の描写が苦手だ。ついつい”迷い筆”をやってしまい絵に勢いを失くしてしまう。

(--〆)

f0217392_16044834.jpg
アルシュ300gr 38 x 28 cm

by beingoncloud9 | 2019-07-26 16:06 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

画塾展の為の試作(三原色)

米原のローザンベリー多和田のイングリッシュガーデンを訪れた時に撮った写真から。

F5号ぐらいの大きさで試作のためにとりあえず写真どおりに描いてみたが、画塾展用に20号で描く場合はこんなに細かく描けないかな?どこをどのように省略するかがこれからの課題だと思う。

f0217392_19282479.jpg
              アルシュ 300gr 粗目 38 x 28cm



by beingoncloud9 | 2019-07-06 19:31 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

あべとしゆき教室 習作

ダブルマスキングの練習作
この画題はとても手こずってしまいけっこうな時間をかけてしまった。
多分途中で筆を止めるべき時期があっただろうな。気に入らないからどんどん筆を加えて、結局は筆を入れる前よりも悪くなった。
影を入れるのに失敗して一度は描くのを断念。 でもダブルマスキングの効果を見たいので最後まで描き上げる。

それにしてもウォーターフォードという紙は丈夫な上に描き手の要望に良くも悪くも忠実に応えてくれる素晴らしい紙だとつくづく思う。
f0217392_11272528.jpg
                ウォーターフォード300gr F4 中目


by beingoncloud9 | 2019-07-02 11:28 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

イングランドの田舎ではゴブリンは家の守り神として壁や家の周りに飾られている。
f0217392_14433185.jpg
                ヴィフアート F4 300gr 中目

by beingoncloud9 | 2019-06-23 14:45 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

ローザンベリーのイングリッシュガーデンを抜けて丘を登ると ”ひつじのショーン" の家がある。
アンティークな備品で飾られているリビングルーム、ベッドルーム、キッチンを楽しめるオープンハウスになっている。

キッチンルームの窓から差し込む光が織りなす明暗が魅力的だったので絵に描いてみたいと思った。

グレーディングで何度も色を重ねてグラデーションを作り、見せ場を表現しようとしたが思い通りにならなかなかった。
下の色が浮いてくる紙で難しいこともあったが、一番大きな原因はやはり技量不足・・・

描くことを諦めて筆を止めようと思ったが、しばらく放置した後思い直して描き上げた。
フェルメールの絵をイメージして描いたが、とてもとても同じようにはならない・・・当たり前だけど。
f0217392_22430109.jpg
                アヴァロン 300gr 中目 F8


by beingoncloud9 | 2019-06-20 22:44 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

Rose & Berry in Tawada

滋賀県米原から車で15分のところにあるイングリッシュガーデン風のテーマパークでスケッチを楽しむ。

イングランドの牧場で見られる伝統的な石垣は知り合いのイギリス人に訪ねると Drystone wall と呼ぶらしい。
このパークにもその石垣があり、小人や小動物などの素焼きのオブジェが石垣のくぼみに置かれてあった。

f0217392_23181578.jpg
f0217392_23180041.jpg

by beingoncloud9 | 2019-06-05 23:19 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

あべとしゆき教室 習作


空のグラデーションが難しい。青とオレンジのつなぎにオペラを使うのを初めて知った。

雲はウェットオンウェットで。 いったん絵具をのせたらあまり筆をいれないことが
大切というが、どうしても筆をいれたくなる~。たいがい良い結果は得られないのにね。

雲を描く時パースを気にしないことが多いが、今回のように画面の大部分を空が占める
場合はパースの考慮は絶対に必要だと思う。でないと空の遠近感が出ない。

f0217392_21513407.jpg
ウォーターフォード 300gr F6 中目

by beingoncloud9 | 2019-05-25 21:53 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

秋に開催される画塾展への出展作品の試作を描く。
壁に映える木立の影の表現と明暗のバランスが課題かな・・・
f0217392_22353138.jpg
                アルシュ300gr(粗目)38 x 28cm


by beingoncloud9 | 2019-05-10 23:35 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

Fabriano in Watercolour 2019

4月25日~29日にイタリアのファブリアーノで開催された国際水彩画展にカタログ出品をしました。
有名な作家さん達や凄腕の先輩さん達の素晴らしい作品と共に並べてもらったことは、この上なく
光栄でこれからの制作活動に励みになりました。
f0217392_08533552.jpg
f0217392_08540072.jpg
f0217392_08541602.jpg
f0217392_08543157.jpg
f0217392_08545229.jpg
f0217392_08551332.jpg
f0217392_08552423.jpg
f0217392_08553584.jpg

by beingoncloud9 | 2019-04-30 08:57 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)