人気ブログランキング |

秋に開催される画塾展への出展作品の試作を描く。
壁に映える木立の影の表現と明暗のバランスが課題かな・・・
f0217392_23335798.jpg
                アルシュ300gr(粗目)38 x 28cm


# by beingoncloud9 | 2019-05-10 23:35 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

Fabriano in Watercolour 2019

4月25日~29日にイタリアのファブリアーノで開催された国際水彩画展にカタログ出品をしました。
有名な作家さん達や凄腕の先輩さん達の素晴らしい作品と共に並べてもらったことは、この上なく
光栄でこれからの制作活動に励みになりました。
f0217392_08533552.jpg
f0217392_08540072.jpg
f0217392_08541602.jpg
f0217392_08543157.jpg
f0217392_08545229.jpg
f0217392_08551332.jpg
f0217392_08552423.jpg
f0217392_08553584.jpg

# by beingoncloud9 | 2019-04-30 08:57 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

マスキングを過信して多用するのは禁物

マスキングは必要最小限に留めるべきということを今回の習作で痛感!

ウォーターフォードという紙の強靭さに今更ながら感嘆。
どんだけ筆を重ねてもビクともしない!!
ありがと~~。ウォーターフォード~。

f0217392_22254873.jpg
                ウォーターフォードF4 中目

# by beingoncloud9 | 2019-04-22 22:26 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

さよなら二十四節記上牧

上牧にある二十四節記が3月いっぱいで取り壊されると聞いた。
オーナーの会社が数年前に倒産していたのでこの日がいつかは来ると思っていたが
もう見られなくなるのは惜しい。あのカエルのオブジェやクヌギや白樫などの木々が重機で荒々しく破棄されるのかと思うと悲しい。

心地よい木洩れ日の温もり、そよ風が木々を過ぎてゆく音や鳥の声、草花やどんぐりの実・・・自分の心がそれらのもので癒されたことを反芻しながら惜別の想いでこの絵を描いてみた。

f0217392_21193743.jpg
 アルシュ300gr 粗目 38 x 28cm

# by beingoncloud9 | 2019-03-26 07:54 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

木洩れ日の表現は水面や空の表現と同じく水彩画で難しいけど克服しなければならない画題のひとつだと思う。今回も挑戦したけど木洩れ日が何となく「変」
f0217392_17203361.jpg
   ウォーターフォード300gr F4

# by beingoncloud9 | 2019-03-21 17:21 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

去年上牧の二十四節記で描いたスケッチをもとに描く。
オブジェのカエルの表情を少し変えてみる。
f0217392_18592137.jpg
     アルシュ300gr 38 x 28 cm

# by beingoncloud9 | 2019-02-11 19:01 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

夜の雪景色をグリザイユで描く。マスキングは中央にある街灯の光と遠景の柵のみ。雪をかぶった木々はドライブラシで表現。家々の雪をかぶった屋根は塗り残して表現。描き終わった後に彩度を落としたブルーでグラデーションを意識してウォッシュ。

画題の写真は夜景であるがあまり濃い色でウォッシュすると背景が分かりづらくなるので夜明けか夕暮れの景色を想定する。

今回のように描いた後に上からグレージングする場合、先に塗った絵具が浮き上がらないようにするためのコツ。

①紙の選択。ウォーターフォード、アルシュ、ストラスモア等のコットン系を使  う。パルプ系は発色は良いぶん絵具の浸透が浅い。
②絵具は出来るだけステイン系を使う。(きめが細かいので紙によく浸透してち  にくい)
③自然乾燥で十分乾燥させてからグレージング。(ヘアードライヤで急速に乾燥  させると絵具が十分紙に浸透しないから注意)
④大きな刷毛で一気に塗る。何度もこすらない。(絵具は使う量の3~4倍の量  を作っておく。)
f0217392_13380862.jpg
    ウォーターフォード300gr F4  
    

# by beingoncloud9 | 2019-02-09 13:40 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

雨の布引ハーブ園へ

去年の5月に神戸の布引ハーブ園へ行く。雨天で山頂にあるハーブ園一体はガスがかかり山頂からの神戸の街は全く見えない。時折濃いガスに包まれて園内の施設さえも曇りガラスを通して見たような幻想的な情景になった。
このような情景もなかなか得難いと思うと雨もまたいいかと。
ロープウェイの発着所の建物を背景に霧に包まれた雨の雰囲気を描いてみた。
f0217392_14184104.jpg
    ウォーターフォード300gr F4

# by beingoncloud9 | 2019-01-25 14:23 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

あべとしゆき教室

2回目のあべ教室です。今年初回の教室です。

今回はマスキングはほとんど使わず主にドライブラシで積雪の表現をやり、グリザイユで明暗をつけた後グレージングで絵に変化を持たせました。
f0217392_12235048.jpg
               あべ先生の作品の模写です。(習作2)
               ウォーターフォード300gr F4

# by beingoncloud9 | 2019-01-20 12:32 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

f0217392_18514341.jpg
                  アルシュ300gr 56 x 38 cm - A touch of spring -
# by beingoncloud9 | 2019-01-18 18:58 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)