しまうま模様のトンボ玉

f0217392_2226066.jpg

しまうま模様のトンボ玉をネックレスにしてもらいました。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村
[PR]

# by beingoncloud9 | 2010-03-03 22:27 | トンボ玉 | Trackback | Comments(0)

初夏の想い出

雲の表現が難しい!
f0217392_1937080.jpg

ウェットインウェットでウルトラマリンを主にセルリアンブルーなどを混ぜた色で空を塗ったあと、ティッシュを丸めて絵の具をふき取りながら雲を描きました。 ティッシュの丸め方や湿らせ方で異なった雲の表現が出来ることを知りました。 雲の陰影が必要なこと、それから空の青色が強すぎた。 暖系色を少し混ぜたほうが良かったかも。 柵はマスキングをしましたが、結局ガッシュの白と黒の混色を使って後から描きました。
柵の色は暗褐色ような色で塗り、太陽光の反射部分のハイライトをもっと強調すれば引き締まった感じになったかも知れないです。
[PR]

# by beingoncloud9 | 2010-02-25 19:37 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

寅年にちなんで作ってみました・・・

f0217392_19404492.jpg


今年は寅年ということで、トラ皮模様のトンボ玉を作ってみました。 工程がたくさんあり、技術も未熟なので
満足なトンボ玉が出来ませんでしたが、とりあえずトラっぽく見えてますかネ。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村
[PR]

# by beingoncloud9 | 2010-02-21 19:46 | トンボ玉 | Trackback | Comments(0)

試しに載せました・・・

f0217392_22381683.jpg

ドックフードかなんかのチラシにダックスフンドの子犬の写真があったので模写してみました。
格子フィルムを写真にあてて、紙には適当に縦横で割り振りした線をあらかじめ描いておき、
マス目ごとにラインを写し取って行くわけです。 これだと拡大縮小が思いのままでほぼ正確に
模写出来ることがわかり、この方法を重宝するようになりました。

毛のタッチを表現するのが難しくて苦労しました。 結局、面相筆で一本一本描いたわけですが
もっと太い筆でさらと描けるようになりたいものです。

遠近を表現するのにチェック上の青のクロスをいれてみました。 絵を引き締めるために赤色のプラスチックのボールを描いてみましたが、強すぎてそれだけが浮き出た感じになってしまった。
[PR]

# by beingoncloud9 | 2010-02-19 22:39 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(2)

柿と落ち葉

義母の親戚からいただいた柿に落ち葉を添えて描きました。
落ち葉はちなみに桜の葉で、近所の小学校で拾い集めたものです。
落ち葉というのは水分を含んでいて、時間が経つにつれて水分が蒸発し七輪の上の
するめのごとく丸まってくるので大変でした。 
バックは水彩画の達人の方のHPを見て技法を拝借しました。
f0217392_2234386.jpg

[PR]

# by beingoncloud9 | 2009-11-23 21:57 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

花瓶とみかん

家のキャビネットの奥にしまってあった白銅製の花瓶を偶然見つけましたが、長い時間を経て表面は白濁して所々錆びも。 コンパウンドで根気よく磨きあげること2時間、見事に以前の輝きを取り戻しました。 で、急に描いてみたくなり色添えにぼつぼつ出廻ってきた青いミカンを横に並べて筆を取りました。
ハンカチーフを遊びのつもりで静物の下に波立たせて敷いてみました。
f0217392_19331546.jpg

[PR]

# by beingoncloud9 | 2009-09-25 19:25 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

習作1

今年の3月から八尾アリオのショッピングモール内にあるカルチャーセンターで開かれている絵画教室に思い切って通い始めました。 先生は画家の佐藤一正先生。 この方の絵は写実的な細かいタッチでとても気に入っています。 奥津国道先生の水彩風景画も同じように繊細なタッチでいつまで見ていても飽きない好きな絵です。 

f0217392_22362567.jpg


茶うすの陶器のつるっとした感じは所々にハイライトを白のガッシュを入れることで、多少なりとも表現出来たように思います。 布巾を横に。 タオル地の感じはドライブラシ法で根気良く・・・。(先生が感心していました。) 色づけに赤いほうずきを二つ。 これが意外と難物でなかなかうまく表現出来ない。
結局洗い出しをして再度塗り直し。 けれど元の色が浮き出て暗い赤になりました。 本当はもっと明るい赤です。 ほうずきの葉脈を出来るだけ丁寧に書きいれましたが、先生が見てずっこけていました。

画用紙が安物で薄く、波打ちが直りません。 200g以上の紙だとこうはならないとか。 次のスケッチブックを買う時は少し上等なやつにします。
[PR]

# by beingoncloud9 | 2009-03-30 22:28 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)
line

自作の水彩画ととんぼ玉を少しずつ載せていきます。


by Yasu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31