<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


ハーブ園にて(長居植物園)

芳香漂うバラ園を抜けるとハーブ園に行き着く。 

そこの中ほどにハーブに囲まれた多角形のガーデンパビリオン(名称が正しいかな?)があり、中で年配の人たちが楽器を奏でていた。素朴な音色だが聞いていて心地良い。

中景のガーデンパビリオンとその後ろのシュロをモチーフに決めていたので、遠景と近景は簡略化して描く。特に手前のイングリッシュラベンダーはどこまで手を抜くか迷う。


f0217392_14212120.jpg

ウォーターフォード F6 300gr 粗目
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
[PR]

by beingoncloud9 | 2015-06-28 14:26 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

流水紋玉

トンボ玉はひとつの技法を用いるだけでも、玉の形、色の組み合わせや光の屈折のさせかたによって様々な表現が出来る。 技法を複数組み合わせていくと無限と言ってもいいほどの表現が可能だと思う。

何だってそうだけど、思うような作品に仕上げる技量を持つには何度も失敗を重ねて根気よく熟練していくしか道はない。

だから思うような作品に近づけた時は本当にうれしい。 

f0217392_21545341.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村
[PR]

by beingoncloud9 | 2015-06-08 21:56 | トンボ玉 | Trackback | Comments(0)

赤坂孝史ワークショップ(3回目)

6月5日に赤坂先生の水彩画講習を受ける。

前回と同じく同画題でモノクロと着彩の2点を描くことになるが、今回はモノクロに時間がかかりすぎて着彩が途中で時間切れ。
着彩の方は家でじっくりと時間をかけて土日で仕上げる。

先生のお話の中には絵の技法や絵にたいする考え方などヒントやコツが何気ない言葉の中に入っていることが多い。 自分が思っていたことと同じことをたまに先生がおっしゃると、やっぱりそうかと嬉しくなる。 デモを描いている時は筆の運び方や絵具の取り方など出来るだけ目に焼き付ける。
いつもながらデッサンの時の先生のパースの正確さはプロとはいえ、思わず「うまいっ」と叫びたくなる。

今回も講習を受けた6時間は価値があった。

f0217392_18394559.jpg



f0217392_18412780.jpg


アルシュ 300gr 28x38 粗目
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
[PR]

by beingoncloud9 | 2015-06-07 18:40 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)
line

自作の水彩画ととんぼ玉を少しずつ載せていきます。


by Yasu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30