<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


柏原南口より大和川を望む

快い秋風がそよぐ中、絵画教室の仲間と大和川の河川敷へスケッチに出かけた。 現地は広くほとんどが遠景のため、主題を決めてフレームを決めるのに時間がかかってしまった。

近鉄道明寺線の柏原南口駅近くの土手を降りて、大和川に架かる電車用の橋梁を望む。
最初はその橋梁を走る電車をモチーフにと考えていたが、橋梁の上に広がる秋の空が気にってしまい、モチーフは秋空にしてその描写に時間を掛けた。

屋外での制作は風や日差しそれにギャラリーなど何かと障害があるが、現場に溶け込んで絵を描く醍醐味を味わえる。 2時間があっという間に過ぎてしまった。

アップした絵はスケッチをもとに家で再制作したもの。
f0217392_1151386.jpg

コットマン 荒目 F6

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
[PR]

by beingoncloud9 | 2012-10-14 11:53 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)

赤坂孝史さんの水彩画展

f0217392_19192697.jpg
今日、赤坂さんの水彩画展に行ってきました。 爽やかな秋晴れの下、家内と二人で京阪三条駅から三条通りをお店のいろんな品物を眺めながら歩く。 ときおり気に入ったお店に入って品物を手にとってみたりしながら。 寺町通りを右に入ってすぐにギャラリーを見つけました。 開催初日もあってか小さなギャラリーは参観者でいっぱい。 

HPで作品を見ていた時よりも現物は筆致の勢いも見る事が出来てあらためて感動。 作品の多くは下の彩色をきっちりと乾かしてから上に色を重ねて下の色との混色を表現する透明水彩ならではの技法が多いように思いました。 見る者の目をモチーフに誘導するための工夫や技法がぎっしり詰まった作品ばかりで透明水彩画を志す自分にとって良い刺激になります。

ご本人とも少しお話をさせていただきました。(感激)  気さくなユーモアのある方で、質問にも誠意的に説明して下さいました。 作品の大きさが5~6号ばかりなので訊いてみると20号ぐらいのがのびのびと描きやすいのだけど、大きい作品だと家に飾るスペースがなくてと・・・なるほど。 友人が50インチの液晶テレビを買ったのはいいけど自宅に置き場所が無いと嘆いていたのを思い出した。 
「画集を出して下さいよ」と言ったら「もっと偉くなってからね。アハハ」とかわされました。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
[PR]

by beingoncloud9 | 2012-10-02 19:20 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(4)
line

自作の水彩画ととんぼ玉を少しずつ載せていきます。


by Yasu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31