ならざき清春先生の大阪講座での習作です。  
左上から差し込む太陽光と、秋を想わせるぶどう棚が主題でした。 
サラッと描き上げてその主題を表わすのがコツだそうですが、細かい所にこだわり過ぎとぶどう棚の枝葉の表現が時間を掛けた割にはうまく出来ませんでした。 この画題の見せ場であるアプローチに伸びた長い影は一気に描き上げなくてはいけないと言われたましたが、何度も撫ぜてしまった・・・。アップした作品は講座で描いたものとは別に自宅で再制作したものです。 結局同じミスを犯してしまいました。(T_T)
f0217392_19585635.jpg

コットマン 230gr中目 F6
[PR]
by beingoncloud9 | 2011-06-05 20:03 | 透明水彩画 | Trackback | Comments(0)