カテゴリ:その他( 7 )


身軽

物を沢山持とうと
思わなくてもよい
食べ残すほどの美食を
用意しなくてもよい

使いきれない程の金を
貯めなくてもよい
地道に働いた報酬で
暮らせばよい

節制に努め
病は早期発見を
心掛けて
延命治療は拒否する


下谷 海二 氏(80)作
産経新聞 朝刊 10月15日 2011年 朝の詩 掲載より
*****************************************************************


年を重ねるごとに自分を高めることだけを務める。
その為には欲を抑え、健康に留意する、
そしてお迎えが来たらじたばたせずに応じる。
ということかな・・・

[PR]

by beingoncloud9 | 2011-10-16 08:58 | その他 | Trackback | Comments(0)

後期青春

若き日は
惜しむ間もなく
春風のように
過ぎ去り

中年の日は
暑くるしい
夏のように
どうにか過ぎ去り
そして老年へ

いや待て
その前にある
後期青春が
高原の秋のような
後期青春がある


根岸 研一 氏(54)作
産経新聞 朝刊 9月8日 2011年 朝の詩 掲載より
***********************************************************
[PR]

by beingoncloud9 | 2011-09-08 18:11 | その他 | Trackback | Comments(0)

比べない

健康も才能も
財産も収入も
人柄や人間性さえも
誰とも比べない

人より優位だと思うと
傲慢になり
敵わないと思うと
卑屈になる

自分は自分
他人は他人なのだ
個性を育てながら
爽やかに生きるのだ


下谷 海二 氏(80)作
産経新聞 朝刊 11月27日 2010年 朝の詩 掲載より
******************************************************************


心の底からこのように思えるようになったら、
それ以後の人生は
どれほど気が楽になって、
軽やかに過ごせるだろう・・・。

[PR]

by beingoncloud9 | 2011-05-07 17:53 | その他 | Trackback | Comments(1)

ガラス瓶(色鉛筆習作)

f0217392_11143756.jpg
色鉛筆で透明感を表現するコツは何だろうか? ハイライトと影にその答えがあるように思う
[PR]

by beingoncloud9 | 2010-11-14 11:10 | その他 | Trackback | Comments(0)

ラ・フランス(色鉛筆画の試み)

色鉛筆(水性)画に再度挑戦。 今回は前から描きたいと思っていたラ・フランスという西洋梨。 色といい形といい描く者の制作意欲をそそるモチーフだ。 用紙はマルマン F4 の習作用。 制作時間はおよそ3時間と少し。 描いていて気付いたのだが、色鉛筆でモチーフの緑系の色を表現する場合、単に緑色とトーンを落とすための茶色または青色だけで片付けるとつまらない仕上げになる。 そこに黄色、赤、時にはこんな色と思う色も重ねていくうちに vivid な緑が得られる。 むむむっ・・・色鉛筆もばかにならんぞー。奥が深い。
水彩は紙の上で絵の具どうしが華麗なパフォーマンスを勝手にやってくれるので、時には思わぬいい効果を得ることもある。 しかし色鉛筆は描き手の鉛筆さばきのみで良し悪しが決まるように思う。 色鉛筆は大した準備もせずに気軽に始められるが、単位面積当たりの制作労力がかかり過ぎて大きな作品は出来ないだろう。
f0217392_1642152.jpg

[PR]

by beingoncloud9 | 2010-10-31 16:42 | その他 | Trackback | Comments(0)

静物(色鉛筆画)

過日、水性色鉛筆24色を買った。 フランスの CONTE社製で値段も2400円前後だったように思う。 水彩画の仕上げの際の部分的な手直し用として求めたものだ。  色鉛筆でどれくらいの程度のものが描けるか果物の静物画を試しに描いてみた。 
結構繊細なタッチで描くことが出来る。 中央のトマトはデッサンの段階で形を整えなかったために着彩したらリンゴぽく見えてしまった。 トマトのつるっとした感じを表現するために白色を全体にかけた。
f0217392_19405388.jpg

クレスタ F4 中目
[PR]

by beingoncloud9 | 2010-10-17 19:41 | その他 | Trackback | Comments(0)

お絵かきソフトで描いた過去の習作

以下の5点は10年前の作品だが、これは水彩画ではない。 この当時にお絵かきソフトなるものに出会って、その手軽さとその名前にふさわしくない素晴らしい機能に感動してしばらくはまってしまった時に描いたデジタル画だ。
何枚か描いているうちに何か物足りなくなって描くのをやめてしまったが、10年も経った今あらためて見直してみてあの時に感じた新鮮な感動がよみがえった。 使用したソフトは Hyper-Paint というフリーソフト。 
南海の港の夜明け (Hyper-Paint デジタル画)
f0217392_22223821.jpg


月面 (Hyper-Paint デジタル画)
f0217392_22233391.jpg


シドニーオリンピック柔道 (Hyper-Paint デジタル画)
f0217392_22242380.jpg


2000年のシドニーオリンピックでの柔道 篠原選手の1本勝ちと誰もが思ったがなんと審判の判定は・・・篠原選手のあの無念の顔は忘れられない。
ヨットセーリング (Hyper-Paint デジタル画)
f0217392_22245024.jpg


飛騨高山夕暮れ (Hyper-Paint デジタル画)
f0217392_22252054.jpg

[PR]

by beingoncloud9 | 2010-10-08 22:27 | その他 | Trackback | Comments(0)
line

自作の水彩画ととんぼ玉を少しずつ載せていきます。


by Yasu
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31